本展に関する出展社・来場者の皆様からのお問合せ

  • 原石・墓石・石材加工技術が一堂に集まる石材産業専門展示会 第3回メモリアルストーンショー
  • 葬儀・埋葬・供養などのライフエンディング産業専門展 第2回関西エンディング産業展 / 神社・寺院向け設備・用品・サービス専門展 第2回寺社設備産業展

エンディング産業展事務局

〒160-0007
東京都新宿区荒木町20-21
インテック88ビル9階

TEL:03-5363-1701
FAX:03-5363-0301

出展募集/資料請求/お問合せ

出展社・来場者の皆様からのお問合せ

2019年8月20日~22日の開催だが、盆中葬儀を避けて葬儀を行う葬儀社が来場できないのでは?
一部の地域では遺骨のみで葬儀を行う「骨葬」という風習が一部あり、その場合は火葬場の都合で日程をずらすこともあるようですが、盆中だから葬儀日程をお盆明けに調整することはほとんど無いとのことが調査の結果です。
B to B に変わると聞くがどう変わるのか?
「Business to Business(BtoB)」の略で企業間取引を指し、2019年から一般の方々(終活者)に呼びかけるのではなく、商談を目的とした方々を主な来場対象者とし、会期3日間、出展社の皆様に売上につながる商談の場となります。
来場出来ない方へのフォローはあるの?
急なご葬儀案件などにより来場できない方々ともご商談いただくために、事前来場登録をされた方全員に出展社の皆様の製品情報をまとめた「バイヤーズガイドブック」を送付いたします。また、事務局の持つ3万件の業界関係者リストに対し、「会期中の出展社PR動画」をお送りいたします。 (※有料サービス) 来場の有無に関わらず、直接製品をPRすることができます。
葬儀業界の展示会は他にもあるけど、どんな違いなのか?
同業界の展示会と比較すると、規模が大きく異なります。本展は出展社数で約2.5倍、出展面積で約2倍の規模となっております。24,972名の来場者(2018年実績)の約4割が葬祭関連事業者となります。また、葬儀事業だけではなく、埋葬・供養・寺院・石材・終末期などエンディング産業に関わる事業者との日本最大のネットワーキングの場所が本展になります。
展示会ってよく出版社や新聞社が主催しているけど、違いは?
主催会社であるTSO Internationl株式会社は、日本有数の【国際展示会主催】専門会社です。業界に関わる団体や出版社との幅広いネットワークを構築しています。本展では、葬儀・供養業界に深く関わる有力出版社、企業・団体の方々とチームを組み、一つの媒体の色に偏らない情報発信を可能にしています。また、各産業の展示会で培ったノウハウを生かし、展示会の運営を行っていますので、安定した成長と展示会のメリットを作り出しています。
葬祭事業者をもっと呼べないの?
来場者の約4割は葬祭関連事業者となっており、1万人弱の方にご来場いただいております。2019年から、さらに多くの葬祭事業者にご来場いただくために、直接訪問などによる来場誘致の徹底とともに、主に地方の葬祭事業者の方々を対象としたバスツアーなどの企画を行う予定です。
ビッグサイトのメリットは?
日本最大の展示会場である東京ビッグサイトはあらゆる層の出展社と来場者にとって知名度とあらゆる空港や主要駅からのアクセスの点で有利です。また、エンディング産業のすそ野が広がり海外展開や国際交流が盛んになってくることが想定され、海外からも知名度のある国際見本市会場での開催は大きなメリットが考えられます。